共に得ればいい

たまにつぶやけ誰も間違えてはいないと正しいのは己だけではなく他者もまた決着奪い合わず共に得る得る得る正義はどこにもなくまたあらゆるところにある憎しみには憎しみが戻り笑顔には笑顔が戻る否定ではなく肯定排除でなく融合氷の純粋でなく不純の温み愛でしとき。


たとえば領土問題宗教問題たがいに譲れないのだから決着つくわけもなく今や戦争で解決という手段もあり得ないのだからならばその土地共有にすればいい存在認めればいいそこで軋轢あったり共栄したりでだんだん近寄っていけばいい。