新聞

日経流通新聞40年

日経流通新聞(今は日経MJ)が創刊40年なのだそうです。 無縁と思っていた新聞ですが機会ができて以来ずっと読んでいます。 これがなかなかおもしろい。 お店とかがどういうつもりでモノを売っているのか、どうやって売ろうとしているのかが理解できる。 ユ…

4月の新聞各紙の販売部数は落ち込みが目立ったとのこと

産経新聞2011.05.19より。 東日本大震災の影響で4月の新聞各紙の販売部数が落ち込んだ。 読売新聞は17年ぶりに1000万部を割った。 読売新聞 995万部 -7万部 朝日新聞 770万部 -16万部 毎日新聞 347万部 +2万部 日経新聞 301万部 -3万部 産経新聞 165万部 +4…

新聞の切り抜き資料化について

新聞を切り抜いて資料化することの楽しさを列挙してみました。 思いついたら増やしていきます。 自分で情報を選ぶ作業 新聞記事を精読することからの発見、気づき(テレビとの違い) 新聞を複数読むことでも発見、気づきがある 住んでいる地域に興味が出てく…

記事タイプの分類

新聞記事にはどんなタイプがあるか?自分で考えてみました。 署名記事 識者・著名人・ライター 記者署名(と思われる署名) 論説委員など、著名で著作もある新聞関係者 もとその新聞社の記者で今はフリーと思われる 嘱託(大学教授などの場合が多い) 日本の…

産経新聞の役割

全国紙 http://sankei.jp.msn.com/ 日本のメジャー新聞の中で 産経新聞って ユニークな存在なんでしょうね。 体制寄りとか 右寄りとか 言うより 「ホンマにそうなん?」 と、 他と異なる視点を提示しようと 努力しているのではと 思えます。 朝日や毎日 購読…

情報端末としての新聞

「情報端末としての新聞」と、ことに強い意識もなく書いてみた。 しかし、ふむふむ、これは真なのかもしれぬ。 新聞は端末の一種と呼べるかも。 あるいは紙が端末で、情報が印刷されている。 紙はタフに扱える。 ハナからモバイルだ。 一見、双方向ではない…

もしも紙がなくなったら

まだまだ遠い将来だろうが、いつか紙メディアが存在をやめてしまったら?なんか詰まらない。 味わいがない。 うるおいがない。そんな世界になる。 そんな気がする。順応できてないだけ? そんなことはないだろう。「知」には 「手ざわり」が必要なのだ。

新聞のスクラップについて

スクラップという作業について考えてみた。 多くの人が、必要性というだけではなく、むしろ趣味的にいそしんでいるように思われる。 なぜそうなるだろう? ネット上の情報について趣味的に集めようとする者はあまり多くはないように思えるのに。 ひとつは、…

新聞の役割

考えてみました。 とりあえず下書きレベルの覚書です。でも、公開しちゃいますけど。まあ、永久に完成しないページでしょうし。 なるべく簡単なことばで書くつもりです。 難しいことを易しく書くことは一種の詐欺でもありますけど、難しくしか書けないという…

新聞のいいところ

▼新聞記事には信頼性があります。ネット上の情報はどうでしょう?無責任に書かれたものも、きちんとした根拠でもって書かれた情報も同列の扱いとなってしまっているのではないでしょうか。新聞記事の場合、取材と書くことのプロである記者が書いていることが…