爺さん

これは森に住んでいるネコのパックから聞いた話。



みずうみの北で爺さんがキャンプを張っていた。

焚き火でコーヒーを暖めているおなじみの情景だ。

「こんにちは、なのにゃ」

「おう」

「パックなのにゃ」

「知っとるよ、ネコさん。旅をやめたタビネコだってな」

「うにゃー、あんまり、バカにしないでにゃあ」

「ああ悪ィ、悪ィ。まあ、森に入っている限りは旅をしているようなもんだからな。まあ気にすんな」



「お爺さんは…」

「おう、タビビトだよ。すぐいなくなるゼ」

「いいにゃあ」

「おまえさん、なんで旅をやめたんだい」

「べつにやめたわけじゃないにゃ。ただ…」

「ただ?」

「ちょっと、重しがついたにゃ」

「ほっ、それがやめるっちゅうことサね」

「ふにゃ〜あ」



爺さんは魚肉ソーセージを枝にさしてあぶっている。パックの鼻がヒクヒクしている。

「ほれ食え」とさしだされた。

「いいのにゃ?」

「あたりまえサ」

「わ〜あんがとなのにゃ……ふひゃふひゃ」

「おー、ネコジタなんだねえ」

「でも、おいしいのにゃ」



「お、そろそろ行くときがやってきたゼ」

「ふふにゃ?」ソーセージをもぐもぐしたまま返事。

爺さんはたばこに火をつけた。

パックもそうした。

「パック…タビネコが旅をやめるはずないのにゃ」

「そだな」

「たばこは、ちょっと旅のかわりになるのにゃ」

「ああ、そだな」

ふう。爺さんは最後の煙を吐き出した。

そして煙とともに薄れていく。

「最後の旅だゼ。あばヨ」

「サヨナラ。アリガトなのにゃ」

爺さんは煙になって消えた。