旅が向こうからやってきた

クジュこれはけむりビルに住んでいる占い師の話。

知り合ってずいぶんたってから、彼女の相棒の黒ネコから聞いた話を再構築してみた。



少年はくすんでいた。

月曜日には、旅に出たくなるのだから。

学校の裏庭。校舎にもたれてへたりこんでいた。

目の前に自転車置き場がある。

自転車が「旅」という字に見える。

「旅が並んでる」

くすくす笑った。



たばこを一本抜き取った。

ふっと煙を吐きだす。

ぽかっ。

「痛てっ」

「こらっクジュ!学校で喫うんやない」

○○子だった(のちの闇子)。

「おもしろいことのかわりさ」

「?」

また一服。

ぽかっ。



目の前に裏門がある。

道がずっと、延びている。

「踏みだしたくなる道や」

「なんで?毎日通ってるやんか」

「同じとこにしか行かれへん道?」

「決まってるわ」

「そうやないかもしれへんやん?」



むこうから自転車がやってきた。

爺さんが乗っている。

チリン、チリン。年寄りは、ベルを鳴らすのが好きみたいだ。

「あー。旅に乗ってるー」

「なんのこと?」

「ええなー」



爺さんは、裏門の前で停まった。

こっちをみている。

ふん、と鼻を鳴らした。

なにか、つぶやいている。

「お経?やれやれ爺さん、もうすぐ唱えてもらえるんやろに」

「あたしたち、お化けじゃないわよ〜」



一瞬、視界が白くなって見えなくなった。

爺さんはいなくなっていた。

「?」

「?」

クジュはネコになった。

「えっ」

自分の姿をながめる。

「おやー。学生服やったからかいな。クロネコなのは」

「それだけかい…」



「行こう」そう闇子が言った。

「えっ、どこに?」

「こうなったら、行かなしゃあないやろ。爺さん、さがさんとね。魔法解いてもらわんと」

「おー?旅が向こうからやってきたんやなあ」