夜の屋上はパラダイス

屋上へ。日課になっている。



今は闇だ。手すりのまぎわから街をながめる。この辺にはあまり明かりがない。さみしげな街だ。

「空からやと黒いシミに見えるんやろな」と思う。

「廃墟…やもんな」



たばこを灯す。けむりが白く流れ、闇を濁した。

「ふう」意味のないタメイキ。ま、意味のあるタメイキなんてそうそうないが。ぼくはよくタメイキをつく。



「悪うない。こんな暮らしも」

反対方向を見る。さらに暗い。森だ。このビルは、森に接している。

「せやけどなあ」

その影をつかもうとする。

「いっつも、おんなじなんやなあ」