2004-06-09から1日間の記事一覧

空のかなたで

雲に乗って遊ぼう 雲さんは思いました こいつは なんで落っこちないんだろう

猫ですから

山上の 吹雪の中から 猫は世界を覗いています

ピエロ

少年が旅をしていました いつも ピエロの人形が肩に乗っています ものごころついた頃からの相棒です なあおまえ いつまで役立たずの旅人でいるんかい そうだね ピエロが役立たずでなくなるまでかな はっ それは無理なはなしだぜ だっておいらは ピエロだから…

湖の魔女

水底の魔女は ちょっと涙を落としてみたが 水の中なので だれも気づきません もっとも それ以前に 周りにだれもいないのです だから 薄うくほほえみました

ペンペン草

あるくペンペン草たるわしは ながいこと 旅してきた あるくペンペン草たるわしは あるいていると ちょいとめだつ じっとしていると ただの ペンペン草

探偵物語

探偵さんが深夜の散歩を楽しんでいます 月明かりに浮かぶ石畳 人々が集まっています 見ると 男が一人倒れています 何者かに殴られて昏倒したとか 黒い服の警官が言いました これは探偵さん この男は酔っぱらいです いい調子で歌いながら歩いていたらしいです…

青い箱

ふかい 群青色の箱でした だれも開けることができませんでした なにが入っているかわからないので みんな開けたがりました 博士さんがいいました よした方がよいよ その箱にはおそらく 宇宙が入っておるのじゃ なにが起こるかわからない さて だれがあけてし…

ホシノツリガネソウ

黄色い 星の形をした花が咲きます 暗くなると ぼんやり光って ゆらゆら揺れています ときどき イヤシイ猫が パクッ 食べてしまいます 猫は パチパチ 火花を散らしながら 夜空に昇っていって お星さまになってしまうのでした ああ でも心配しないで じき もと…

ランプ

わたしはもうすぐ 永遠の夜に旅立ちますので このランプはさしあげましょう あなたが 夜をたのしみしているかぎり 起きていたいことがあるかぎり 暗くなると 勝手にともる便利なものです

街角のいねむり一家

ヤマネさんちは 昼間から いつもどおり シアワセそうに眠っています 道ゆく人々がほほえんでいます あ あまり近寄らないで 起こしてしまうのが気の毒だから? いえいえ かれらのシアワセがうつって あなたまで眠りにおちてしまうから

森の写真館

はいパチリ できあがりまで ちょっと待っててくださいね そう この葉っぱが ちょうどいい大きさに生長するまで いま 写真の種を蒔いたとこですから

森の喫茶店

木の実の珈琲 どうぞごゆっくり 根をはやしても いいですよ

森の喫茶店

木の実の珈琲 どうぞごゆっくり 根をはやしても いいですよ

うす闇の国

森の奥 人の顔もはっきりとは見えない ほの暗い国が あるそうです どことなく 落ち着けそうです

鈴ヶ森

鈴ヶ森では 珍しい石が採れます うすく うすうく 削ったらば 蒼みがかって透明な ガラスに変じるのです この石で作ったコップに 水をそそぎましょう コップは小さくふるえ チリチリ 鈴の泣くような きれいな音がするのです

入り口それとも

コンビニで そこはかとなく珍しいものを 見たとき たとえば… 黒猫がケースの前で どのコーヒーにしようか 悩んでいたり そんなとき 入り口は開かれています あちらに入るかどうか あるいはあちらに出るかどうか (ふたつは同じこと) あなたしだい

ラクガキ

けむりビル そんな奇妙な名前の廃ビルで ラクガキに話しかけられました オイラは たどたどしく書かれたラクガキさ ゆれる線で ちょっと躍ってみる チッチッチッ… シンプルなやつだからって バカにしちゃあいけない アタマのなかは いろいろ線がからまってる…

聖堂(うす闇の国)

森は暗く ときおり ふっと風がふき 樹々のはざまから 空の蒼 雲の白 かすかな かがやき 木は巨きいのですが 葉は樹冠部だけにあります ここは 高い柱にかこまれた 聖堂のようです 森の精気が もやとなって ただよっています こしかけていると 一日じゅう そ…

夢見ひと

この辺の人びとは夢とうつつの区別をあまりつけません

博物館

博物館には およそありとあらゆるものが 集められています ただ あなたのもの以外 でも その博物館には あなたのものしかありませんでした

探偵物語

探偵さんが深夜の散歩を楽しんでいます 月明かりに浮かぶ石畳 人々が集まっています 見ると 男が一人倒れています 何者かに殴られて昏倒したとか 黒い服の警官が言いました これは探偵さん この男は酔っぱらいです いい調子で歌いながら歩いていたらしいです…

青い箱

ふかい 群青色の箱でした だれも開けることができませんでした なにが入っているかわからないので みんな開けたがりました 博士さんがいいました よした方がよいよ その箱にはおそらく 宇宙が入っておるのじゃ なにが起こるかわからない さて だれがあけてし…

ひらひら ゆるゆる

博物館の 赤い瓦の屋根に おおきな月がひっかかる夜 前庭では 少女たちが 白いひらひらした服で ゆるうい 踊りを 踊っています

夜が明けるまで

街灯はかたちだけ 夜になっても ともりません でも ときおり 星や月が 休みにきますので そのときだけ 道があかるくなります

茜色の絵の具

夕焼け絵の具に取って お絵描きしたよ世界は かがやいていました

森の喫茶店

木の実の珈琲 どうぞごゆっくり 根をはやしても いいですよ

森の写真館

はいパチリ できあがりまで ちょっと待っててくださいね そう この葉っぱが ちょうどいい大きさに生長するまで いま 写真の種を蒔いたとこですから

ひらひら ゆるゆる

博物館の 赤い瓦の屋根に おおきな月がひっかかる夜 前庭では 少女たちが 白い ひらひらした服で ゆるうい 踊りを 踊っています

銀の谷

ゆくりと 星が降りてきました 地上すれすれで止まると ぱあっと かがやく粉となって 散るのです 真夜中になり ぼんやり発光している 銀の谷は 星の墓場です

波動

ときおり 森の奥から 世界の深みから 見えぬ波が放たれます からだを過ぎるとき 喜ばしさ そして 畏れが 同時に通り抜けていきます 都会(まち)に住む人々は 波が嫌いのようです