陶器

夢。宇宙空間から落下。3度目。これは焼き物をよりきれいにする手法で、摩擦熱でゴミを燃やし尽くしよりいい色にする。焼き物を両手で持ち上げるようにしてまっさかさまに落ちるのです。落ちたときに割れないかどうかは賭け。割れないこと自体がいいものだという証拠でもある。批評家も期待。今回は割れずホッ。でも持ち上げた瞬間ぽろっ。つぎたし(ないしは接ぎ木と呼ばれる)という技をつかった偽物だった。高台に穴をあけてそこにいいもののかけらを差し込む手法なのだ(目覚めたぼくにとっては意味不明)。

はてな夢日記