「ハチミツとクローバー」羽海野チカ

4巻読書中。
■森田のいない日々。
■はぐと森田、離れている二人の天才。芸術をはさんだ絆。
■山田がだんだんかわいくなっていく。
■会社の先輩が山田にちょっかいを出そうとするのが気になる真山。
■ むくわれぬ愛に、老教授の森田に対する愛もあるかも。
■この巻は山田と真山が目立つ。
2011.09.04読了


■有名な、集団片恋コミックス。
■コロボックル、野性と遭遇。
■理花←真山←山田、はぐ←竹本、はぐ←森田?
■メインは軽いギャグ。だから読みやすい(今のところ)。
■それぞれの切なさ。
■豊かな感情表現。
■学生生活のワクワク。
■肉。

2011.08.13読了

■君がいて みんながいて
■卒業制作真最中。
■誰が残り誰がいなくなるのか?
■理花や先生の過去。
■損な役割の真山と先生。
■先生がいなくなる?はぐはどうする?
■森田お手製、恐怖のツイスターゲーム
■真山の新しい趣味、ストーキング行為。
■山田は美乳。
■誰も 誰かの代わりにはなれん(by合田)
■一生のうちの 一番大事だった時間を一緒に過ごして 同じ部屋で同じものを食べて 同じ空気を吸って もう自分の カラダの一部みたいに思っていた(by先生)
2011.08.22読了


ハチクロについての簡単なリストを下に置きます。

合田稼頭男
竹本の母の再婚相手。優しくはかなかった実父と違い明るくガサツで頑丈そう。
浅井
理花さんとこの対外交渉を引き受けているやさしそうなお爺さん。
犬には二種類いる。前世が人間だった犬と、前世も犬だった犬だ。ミドリさんはまちがいなく人間だった犬だ。
西園寺マツ
先生のマンションの大家さん。
西園寺ミドリ
大家さんちのプードル。はぐのボディガード。かなり凄い。
竹本祐太
いちばんの後輩。現在森田のいちばんの被害者。はぐに一目惚れし、いきなりビニール袋に入ったコロッケをプレゼント。真山は実家の忠犬サブを思い出す。実家は高崎。手先が器用ではぐのためにドールハウス的なものを作ってあげてる。
野宮
真山の会社の先輩。にっこり笑ってゴリ押しのメガネ。モテる。女性の連絡先満載の携帯を惜しげもなく東京湾に捨てるような男。
はぐ
花本はぐみ。18歳だがちっちゃくてまるでコロボックル。性格や行動パターンも幼い。彫刻では天才的。趣味は服を作ることと粘土いじり。この物語の中心となるか?
花本修司
はぐの父親のイトコ。30歳と少々。はぐ離れできない人。
原田
花本の親友であり理花の結婚した相手だったが事故死。その事故で理花も大怪我を負う。
藤原デザイン事務所
真山の勤める建築設計事務所。毬男と類ニの双子が経営者。毬男はコスプレマニア、類ニはギャンブラー。けんか多し。
真山巧
メガネ。この話の視点役か?とりあえず第一巻では。建築科4年。22歳にしてはこずるく人あしらいがうまい。クールなわりに仲間外れになるのが嫌い。
美和子
真山の勤める会社の女性社員。サウナ&マッサージ&五十代用といわれるモンケルロイヤル黄帝の日々。
森田忍
身勝手で謎な男。はぐをコロボックルよばわりしおびえさせている。マイペースさでモテるが彼女がいたという話もない。絵は超絶的に上手いようだ。が、専門は木彫のようだ。
山田あゆみ
真山にいきなりヒール付きカカト落としかました乱暴な女。「鉄人」と呼ばれている。むくわれないと知りつつ真山に惚れている。陶芸をやっている。美脚で美乳で性格もよし。酒屋の娘。
リーダー
真山の勤める会社の犬。前世は犬の犬だ。
理花
真山がバイトしている店舗設計事務所をやっている。大学の卒業生でもある。花本教授の旧友。ダンナは死んでるみたい。その孤高ぶりは藤原デザイン事務所では絶滅危惧種ニホンオオカミ扱いされている。
ローマイヤ先輩
肉の供給源。