中尊寺金色堂世界遺産に登録されそうなのはめでたいのですが・・・

中尊寺金色堂世界遺産に登録される可能性が高そうでまずはめでたいです。
はるか以前に一度だけ行ったことがあります。
切手の図案にもなっていて名前だけは知っていました。
30円切手やったかな?
わりと期待してたのですが・・・

個人的にここは日本三大がっかりのひとつです。
なんでやねん!とお叱りを受けそうですが。
それ自体はぜんぜん問題ないのですが行ってみると(少なくともそのときは)金色堂じたいがもっと大きな保護用の建物に覆われていました。
それで急速に褪めてしまった。
なんぼ貴重でも建物を建物でカバーするなよーと。
いろいろ剥がれたら剥がれたでそれも味。
朽ちたら朽ちたでそれも物の運命。
どんなに華麗な物であったとしても。
それでいいじゃん、と。

金閣寺なんて吹き曝しやし。
まああれは一度燃えてるみたいやし現役の観光資源ということで修繕しながら使っていけばいいという考え方なんでしょう。
こっちはすでに死んでる遺物であり保存資料ってことなのかもしれないけど。

他の三大がっかり、札幌の時計台はビルの隙間にちんまり建っていて「えっ!?これ?」びっくりしましたがこれはこれで風情だなと案外気に入りました。
高知のはりまや橋はもう橋自体はないと聞いていたので何の期待もしていなかった。少なくともそこにはりまや橋があったという表示だけはされていたのでそれで問題なし。だいたいそれ自体を見にいったわけでもなく高知市を歩いてたら自然行き当たるし。
もうひとつ三大がっかりなんやったか思い出せないので個人的に金色堂を入れてました。
三つの中でももっともがっかりした旅先だったかもしれない。