「残酷な神が支配する」萩尾望都

他の日付で容量オーバーになったようで中身が削られたので、新たに登録。


読書日記。

ふぅ。
とても苦労しました。
凄い、というべきか、苦行だった、というべきか。

(2009年08月07日読了)



学校の寮に入ることになったジェルミは罠から逃れられるとホッとしたが。

(2009年04月12日読了)


一家の過去が少し明らかになる。
崩壊と慣れの同居していくジェルミ。
何も知らぬイアンはある提案をジェルミに持ちかける。

(2009年04月26日読了)


(2009年04月26日読了)


学内のスキャンダルで寮を移ることになったジェルミ。
少しずつ壊れていくジェルミ。

(2009年05月04日読了)


ついにグレッグへの殺意が表面化してくるジェルミ。

(2009年05月07日読了)


事故の調査を始めるイアン。
追い詰められていくジェルミ。

(2009年05月17日読了)


すべてが明るみに。
ジェルミが細工した車は欠陥車だったと判明。
事故だったのか、殺人だったのか。
イアンを苦しみが襲う。

(2009年06月01日読了)


父親の真の姿を探るイアンにやがて降りてくる深い悲しみ。

一方、ボストンに戻ったジェルミは荒んだ生活をしていた。
イアンはジェルミに会いにいく。

ジェルミが「いろんなものが」洩れてこないように、見えない蛇口を閉めようとして「きゅっ」「きゅっ」とつぶやくシーンが印象的。

(2009年06月01日読了)


イアンのセリフ「神様は返さない」

イギリスに戻るジェルミ。
新しい暮らしが始まる。

(2009年06月07日読了)


ぼくは きみのやさしさに見合う人間じゃない!(イアン)

しだいに混乱していくイアン。

(2009年06月21日読了)


なぜかイアン、ジェルミ、ナディア、マージョリーの4人で自転車旅行。

彼は神が創った実験作だよ(イアン)

(2009年06月27日読了)


読書日記。

イアンはジェルミと対話をはじめる。しかしそれは抜けられない森に通じる道だった。「誰か 助けてくれ」とつぶやくイアン。

(2009年07月15日読了)


対話は続く。ジェルミが壊れていくのではないかと不安になるイアン。
おまえが何度バラバラになっても(byイアン)
エリックたちとともにバレンタインに会いにいくことになったジェルミ。
イギリスには幼い頃虐待を受けた人しかいないの?

(2009年07月19日読了)


解体される過去から逃れ出られたように思えたが…

あいつはオレのほしい言葉をくれない(byイアン)

(2009年07月25日読了)


いろんなこと見ないほうがいいんだ(byジェルミ)
ぼく 悪魔なんだ(byジェルミ)

(2009年08月02日読了)


最終巻。
なんか、苦労したなぁ。

そしてジェルミは少しずつ生の側に歩んでいくのだろう。
断崖を常に意識しながらも。

幻想は人間の本質にねざしてるのよ 迷子になる人は迷子になる理由があるのよ(byマージョリー

子供は親の 神への供物であり 親の人生の供養として存在するんだ(byイアン)

(2009年08月07日読了)


残酷な神についての簡単なリストを下に置きます。


【イアン・ローランド】グレッグと前妻リリヤとの間にできた長男。19歳。一家の中では最もバランスが取れている。学内でも一目置かれた存在。
【ウイリアム】ジェルミのクラスメート。なにかと気をつかってくれる。
【エリック】バレンタインの双子の兄。カウンセラーのところでジェルミと出会う。無垢すぎる青年。かつてバレンタインとの間にあったできごとが彼女に異常をもたらした。
【オーソン】病床にある心理学者。ジェルミを救おうと腐心する。
【オクタビアン】ナディアの猫。
【オレグ・スターン】リリアの恋人だった。海で死んだ。
【キャス】不良と目されている少年。クスリもやっているし、からだも売っているらしい。
【クリフォード】リリアの兄?
【クレア】ナディアとマージョリーの母。
【グレッグ・ローランド】サンドラと結婚することになったロンドンの実業家。サンドラとジェルミを等しく!愛す。
残酷な神が支配する】イエイツの言葉だとか。萩尾さんが狂気、生贄のイメージで探していて出会ったらしい。
【ジェルミ】主人公。ボストンに暮らす16歳の黒髪の少年。母の幸せのために自分を犠牲にしてしまい、そのせいで悩む。巻の冒頭からするとグレッグを殺そうとして失敗しサンドラを殺してしまったもよう。
シャロン】グレッグんちの新しいメイド。病気の旦那がいるがイアンとデキる。
【シルバー・ピューマ】運命の車。
【ゼニア】スウェーデンで少年少女たちのめんどうをみている。バレンタインもここに。
【ダイア】イアンのガールフレンド。
【ディジー】メイスンの娼婦。グレッグの何かを知っている?
【デビー】グレッグの秘書。サンドラに嫉妬されていた?
【ナターシャ】リリヤの姉。アールグレイが好き。
【ナディア】ベリー牧師の姪。学内の教会でオルガンを練習していたときジェルミと出会う。不幸な者に惹かれるタイプ。ジェルミの仮想「愛する人」。
パスカルマージョリーの従兄弟。ペリー牧師のベリーの息子。マージョリーと同じ家に住む。
【バレンタイン】オーソンの孫。耳は聞こえるが口がきけない。ジェルミの苦しみに共感する。自己もまた苦しみの中にある。
【パンジー】薬漬けの先輩。イアンのことは苦手。
【ピーターソン】警察署長。
【ビビ】ジェルミのガールフレンド。柔らかい雰囲気の少女。ジェルミの変化に気付き悩む。
【ぺぺ】マットがいつも抱えている犬。
【ペネローペ】カウンセラーの婦人。
【ペン】カウンセラーの女性。
【ポピー】エリックの妻。明るい娘さんでもある。15歳のとき結婚し現在17歳。
【マーカス】ボストン、ルドルフ高校の教師。不良たちを更生させようとしている。
マージョリー】とても死に近いところにいる少女。足を痛めたバレリーナ。14歳。カウンセラーのところでジェルミと出会う。マイペース。すぐ裸になる。ナディアの妹。
【マット】グレッグと前の妻の間にできた次男。14歳。なぜかグレッグは彼の写真は飾っていない。
【ヨルク】森の熊さんのような作曲家。ドイツ人、かな?ナディアの(たぶん)伴侶となる男。
【リリヤ】グレッグの前の妻。金髪の美人だった。故人。
【リンダ・チェイ】ボストンのハミルトン興信所の調査員。
【リンドン・エドリン】保険会社の調査員。いい人。
【ロレンツォ】ナディアの母のインストラクターでたぶん愛人。


性能の低い、携帯のカメラでも撮影した表紙の写真を並べてみたらちょっとしたギャラリー。
元の絵が美しいのだな。

20090802232435 20090725140157 20090719160712 20090627144948 20090621134310 20090607154600 20090531150448 20090524134855 20090517223610 20090505135422 20090504144518 20090426140120 20090411141552 20090426233700