世界一大きな地震記録

毎日新聞2011.01.12朝刊。

08年6月の岩手・宮城内陸地震の際、岩手県一関市で観測された揺れが「世界一大きな地震記録」として、ギネスブックの認定を受けた。

認定された記録は4022ガル。

あまり喜ばしい記録ではないのかもしれませんが、青井真・地震観測データセンター長によると「貴重な経験を防災に生かすため、観測を積み重ねる重要性を世界に伝えたい」とのこと。