公開するということ

公開することは後悔することだ。

なんてダジャレを言いたかったわけでもなく。

たとえばブログを書いて下書きで保存する。
それがほぼ完成状態ならもうあまり大きな変更をしようとは思わない。
でも公開した瞬間から「あ、あそこはこう書いとけばよかった」とか「これではわからんやろな」とかなり書き直すことになる。
すくなくともぼくの場合は。
人の目に触れるということはそういうことなのだろう。

人に読まれる見られるということを意識したときに初めてちゃんとしたものにしようという意識が出てくるのだ。
ものぐさなぼくの場合には。

だからなんだって公開する価値はあるのだろうとは思う。