宇宙を読み解くのに神は必要ない

共同通信神戸新聞2010.09.12朝刊。

スティーブン・ホーキング博士(68)は10日放送の米CNNテレビの看板インタビュー番組「ラリー・キング・ライブ」で「宇宙は科学で説明でき、読み解くのに神は必要ない」と語った。

それに対して「欧米のキリスト教指導者が反発している」そうです。
博士は神そのものの存在は否定していないようです。
あくまでも、解明するために神の存在を考慮する必要があるかどうかという趣旨のようです。

カンタベリー大主教のローワン・ウィリアムズ氏は「なぜ物事が存在するかということは、物理学だけでは説明できない」と反論した。

まあ、「たまたま存在している」ということだと思いますが、それではアカンのでしょうね。