少年少女飛行倶楽部

加納朋子■少年少女飛行倶楽部…文藝春秋(2009年)

空を飛びたい中学生たちが壊れた気球を直すための資金集めに乗り出した。
物語はなんてこともないけど、主人公「くーちゃん」の語り口が楽しい。思わず笑ってしまう。
これを読みながらぼくは、おそらくほほえんでいたことでしょう。

  • くーちゃん
  • 語り口が楽しい
  • 空を飛びたい
  • 唯我独尊男
  • 中学生たちのワイガヤ
  • クラブ活動
  • 熱気級
  • 恋?

評価「○」。

少年少女飛行倶楽部
少年少女飛行倶楽部
文藝春秋 2009-04
売り上げランキング : 191058

おすすめ平均 star
starWe can fly
star中学生の飛行クラブが熱気球で空を飛ぶ!
star今度の加納さんはミステリー要素なし

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


飛行クラブに関する簡単なリストを下に置きます。


【イライザ】戸倉良子。幼なじみ。1年2組。壮絶に意地悪。かつて佐田家では「今日のイライザ」コーナーがあった。
【エンゼ】カミサマの姉。「天使」と書いて「エンゼ」と読ませるらしい。「ル」がどこに行ったのかは知らない。美しい瞳をしている。
【カミサマ】飛行クラブの部長。2年2組。斎藤神(ジン)。尊大な男。ヘンテコなメガネ。起きて見る夢も寝て見る夢も「どっちにしたって、大して変わらないでしょ」。「神とは要するに、天使を庇護する存在なんですよ」。
【くーちゃん】主人公。佐田みづき。1年1組。皆は「くーちゃん」と呼ぶ。なぜでしょう?
【樹絵里】大森樹絵里。通称ジュジュ。1年1組。公園デビューの頃からの親友、腐れ縁。主人公に対する依存度が非常に高い。
カイセー】中村海星。中2。樹絵里の恋のお相手。飛行クラブ副部長。野球部ともかけもち(というか、そっちがメイン)。
【立木信長】飛行部の顧問(になるかもしれない)の先生。
【名前】海月(みづき)、樹絵里、神(じん)、海星(かいせい)、信長、朋(るなる)…珍名クラブ。
【母】みづきの母は宇宙人はいる派。
【飛行クラブ】部活申請中のアヤシイクラブ活動。中村センパイも野球部とかけもち。最近佐田家では「今日の飛行クラブ」コーナーができた。
【風船おじさん】風船を用いて空を飛ぼうとして行方不明となった。
【冒険】迷惑なもの。
【星川】みづきたちが職場体験に行くことになった小さなスーパーマーケットの主。壊れた熱気球を持っていた。
【餅田球児】1年3組。丸い男子。
【矢島】美人の先生。妊娠中でもうすぐ産休のブラバン顧問。
【るなる】仲居朋/るなる。1年2組。リアルに飛んだ(?)子。月が二つで「るなるな」、略して「るなる」(なぜ略するのかは不明)。長い髪の美少女。恐怖心が欠如している。