得る


あなたが得たと感じたものはもともとあなたの財産だったものです。だからあなたは得なかったともいえます。あなたが得たと感じたとき同時になにかがあなたから喪われています。得るということは喪うということと同義でもあるのです。逆に言うと喪うということすら得たものなのです。