探偵物語


探偵さんが深夜の散歩を楽しんでいます

月明かりに浮かぶ石畳

人々が集まっています

見ると

男が一人倒れています

何者かに殴られて昏倒したとか

黒い服の警官が言いました

これは探偵さん

この男は酔っぱらいです

いい調子で歌いながら歩いていたらしいですが

さきほどほんの短い間

月が隠れ暗くなったとき殴られました

犯人はまだ遠くには逃げていない

かならずつかまえます

そう言いました

探偵さんはあたりを見渡して

にやりと笑いました

いや

捕まえるのは無理でしょう

ヤツはもう

我々の手の届かない場所にいる

いえそんなことはありません

事件は起こったばかりなのです

わけを話しましょう

今宵の月は静けさが好きなのです

犯人はほれそこに浮かぶ月なのです

そこでお月さまも

にいやり笑いました